Japan

Japan

Japan

To learn more about what JAXA is doing to get students inspired about human spaceflight, check out http://www.jaxa.jp/guide/student_e.html.

Japanese News

  • ミッション終了!!!

     報告が遅くなってしまいましたが、永谷小学校チームの4年目のチャレンジが終了しました!!! 最後は山田先生をお招きして、お話も聞け、子どもたちは大満足。将来、チャーリー君のように宇宙に飛び出たいという子もたくさんいるようでした。日本の学校は3月で学年が終わります。来年度もぜひチャレンジしたいと思います。アメリカ、イングランドからのメッセージありがとうございました。また、世界のみんなと会えるのを楽しみにしています!!!

    It became slow to report. The challenge of the team of Japanese Nagaya Elementary School was finished! Mr. Yamada of JAXA came to our school and had a talk about the space. Children were satisfied very much. There are a lot of children to want to become an astronaut in our school. When it is March, a school year completes the Japanese school. We want to challenge the next. I received a message from United States and England. Thank you. I look forward to being able to meet world everybody!

    Le défi de l'équipe d'École primaire Nagaya japonaise a été fini ! Quand c'est le mars, une année scolaire accomplit l'école japonaise. Nous voulons défier le suivant. J'ai hâte d'être capable de rencontrer le monde tout le monde !

  • 宇宙船高嶺号の船内

    宇宙船高嶺号の船内には、ミッションXコーナーがあります。そこには、日本を代表する宇宙飛行士や宇宙に興味を抱くクラスメイトが紹介されています。また、宇宙に関する本を家から持ち寄り、自由に閲覧できるようにしてあったり、宇宙に関して自分で調べたものが掲示してあったりします。そして、宇宙飛行士を模した自分の顔のイラストもあります。クルーである一人一人が、個性的な顔をしていておもしろいですよ!

  • 正念場!歯を食いしばって頑張りました!

    2月12日(金)、今日は体幹トレーニングということで、腕立て伏せとスクワットを中心にミッションに取り組みました。おなかに力を入れて腕立て伏せをしたり、上半身の姿勢に気を付けてスクワットをしたりしました。姿勢が崩れないようにペアでのトレーニングから始め、最終的には、全員で手をつないでスクワットをしました。全員スクワットが10回できたときは、とても気持ちよかったです!トレーニングを指導してくださるTIS(東郷町施設サービス)の方のしなやかな体をお手本にして、これからもトレーニングを続けていきましょう!

  • ミッションX 特別講義!

    2月8日(月)、今日はミッションX事務局の山田深先生にスカイプを使って特別講義をしていただきました。日本を代表する宇宙飛行士の紹介や国際宇宙ステーションの仕組み、宇宙での生活について、動画を交えて丁寧に教えていただきました。子どもたちは、洗髪や歯磨き、排泄など、普段何気なくしていることが、重力のない宇宙では一工夫いることに感動していました。誰もが憧れる宇宙という世界を身近に感じることができたようです!私は、ISSの速度、時速28000㎞に一番驚きました。山田深先生、貴重なお話、本当にありがとうございました!

  • 宇宙船高嶺号、発進!

    1月29日(金)、いよいよミッションがスタートしました。今回のテーマは「基地へ戻ろう(ウォークバック)」です。「走る・歩く」のミッションに、自分と友達の距離感や筋肉を刺激するための姿勢を意識しながら取り組みました。宇宙という世界を子どもたちなりにイメージしながら、集中して取り組む子どもたちの姿は、いつにも増して輝いて見えました。ミッションを通して「宇宙船高嶺号」の乗組員である子どもたちが、少しでも宇宙に興味を抱いてくれるとうれしく思います。最後まで元気いっぱい駆け抜け、ミッションクリアを目指します!がんばるぞ!!おーっ!!