Peakeのリフトオフ

重力の少ない環境では、筋肉や骨が弱くなってしまうため、宇宙飛行士は微小重力による弱体化に対抗するための筋力トレーニングを行う必要があります。 宇宙での生活の前、中、後に、宇宙飛行士は運動の専門家と密接に協力して、探査ミッションや発見活動のためにハードなトレーニングを行い、筋肉や骨を強く保つようにします。宇宙での生活や仕事に備えるためには、全身を鍛える活動が重要です。
 
チームは、筋力、敏捷性、協調性、持久力の組み合わせを促進するように設計されたアクティビティを行います。このアクティビティはスクワット、腕立て伏せ、空中でのジャンプを融合させたもので、Peake Liftoffに向けて準備してください。
 
スキル
筋力、協調性、持久力
学習目標
  • 一連のバーピーを行うことで、敏捷性、協調性、そして心肺機能と筋持久力が向上する
  • この経験についての観察や改善点をMission Journalに記録する。
装置
  • 特別な道具は必要ありませんが、参加者の安全と快適さのために表面が適切であることを確認してください。
  • 生徒用ミッションジャーナルと鉛筆
時間
1クラス15分

その他の活動

アジリティ・アストロ・コース

宇宙飛行士が宇宙へ行き、地球へ帰ってくるとき...

宇宙飛行士のエネルギー

国際宇宙ステーションに滞在する宇宙飛行士には、バランスの取れた...

クルーの筋力トレーニング

宇宙飛行士は、宇宙空間での身体的な作業を行う必要があり、そのためには...

バイオニック・ハンド

近い将来、クルーが...

アストロクロップス

 宇宙飛行士が月面に移住するなら

Planet You Go, Gravity You Find

宇宙飛行士の訓練は、重力の影響を考慮し...

ボーナスアクティビティスペースジムでのHIIT

スペースジムをHIITさせて、準備しよう。

ハイドレーションステーション

私たちの身体は50~...

jaJA